2020年5月25日 (月)

プリントをする

 今日から本格的に学校の授業が始まりました。中3もしっかり6時間の授業でした。塾もしっかりやらなければなりません。

 算数の授業のあと、小6の男の子が聞きます。「先生、国語するがー?」 私は「スルー」と答えます。「先生、それはやらんということやない?」

  プリントを配ると、「先生、何枚するがー?」と聞きます。私は「しまいまで」と答えます。「先生、よん枚ということー?」と聞くので、「よん枚もできんやろう」と答えます。

 結局、今日は3枚でおしまいでした。

          by ダジャマン

2020年5月23日 (土)

 車ではりまや橋を通っていると、何と車の少ないことか、人通りもまばらです。

 教室の近くの駐車場に車を置いて教室への道を歩いていると、大きな声でケイタイをかけている女の人の声が聞こえてきます。「昨日の夜行ったら、中心街は人が少なかった。帰りのタクシーも拾えんかった。コロナ、コロナの影響よ。」

 高1の生徒が言います。「先生、学校で話しかけてこられたあ。くろしお模試受けてたろうと。」その生徒と同じクラスになったそうです。

          by カイトウモハン

2020年5月22日 (金)

待つわ

 車を走らせていると、あみんの『待つわ』がカーラジオから聞こえてきます。2車線で左折すると、隣の車も左折し、私の車に近づいて止まろうとしたので、そちらに目がいってしまいました。その一瞬に自転車が左からやってきて私の前を横切ろうとします。「私、待つわ・・・・あなたが横切ってしまうまで。」 隣りの車は横切ろうとした自転車に先に気がついていたのです。あぶないところでした。

 中3の数学の授業です。置き換えて式を展開するやり方がなかなかできません。「私、待つわ・・・・あなたが置き換えてくれるまで。」

 政治家の中には、自分の過ちを認めたがらない人もいるものです。「私、待つわ・・・あなたがじにんする日まで。」

           by ダジャマン

2020年5月21日 (木)

体調

 小学6年の男の子が「頭が痛いので帰りたい」と言います。まだあと20分授業時間があったので、「休みながらでいいからもう少し勉強していき」と言って、その生徒の顔色を観察していました。10分前になって、「帰っていい?」と聞くので、「いいよ」と言って、「ゲームをしすぎると頭が痛くなるよ」とつけ加えておきました。

 その男の子、「今度は体調を整えてくるから」と言いながら帰って行きました。

             by カイトウモハン

2020年5月20日 (水)

きびしきもの

 昨日4時過ぎに車を走らせていると、自転車道を多くの生徒がかたまって帰って行く様子が見えました。T校の生徒たちです。今、放課後のクラブ活動はしていないようで、下校時に生徒が重なったためそうなったのです。

 今日、生徒に聞いてみると、「通行の邪魔になる」と学校に多くの苦情が寄せられたそうです。また、学校に、「なぜ授業をしているのか」と怒鳴りこんできた人がいたそうです。

 今、学校に行かなくても欠席扱いになっていないようですが、欠席扱いにしないにもかかわらず、授業で新しい単元に入っているのはきびしいなと思いました。

           by カイトウモハン

2020年5月18日 (月)

雨の走行

 昼過ぎから降り始めた雨が3時過ぎには激しくなりました。傘をさして歩くとズボンの裾がベッタリぬれます。そこで替ズボンを持って教室に行きました。さすがに、今日は生徒も自転車でなく、車に乗せてもらって来ます。

 夜、授業が終わる頃になっても、雨は激しく降り続いています。授業が終わって生徒に「早く帰りよ」と言うと、生徒が「算数の質問がある」と言って聞きに来ます。それは自宅のパソコンから出した問題でした。そんな時代になりました。

 帰りは普段とタイヤの音が違います。シャーシャーと音を立てながら、道路上の水たまりを走行します。そうこうしているうちに自宅に到着です。雨はまだ降り続いています。

              by ダジャマン

2020年5月16日 (土)

ストレス

 午後1時半から午後6時10分までの授業は今日で終了です。月曜日から、午後5時から9時40分の授業です。平常授業に戻れるので少しホッとしています。

 うちにくる業者が、「学校が休み中は、子どもに今までにないストレスがたまって、大変だった」と言っていました。

 四万十川では、15日からアユ漁が解禁となりました。アユを初めて釣る人が、泳いでいる魚に聞いてみました。“Are you an ayu?” あー言えばこう言うで、魚が答えます。“I'm not your fish.”

             by ダジャマン

2020年5月15日 (金)

検察官定年延長問題

 この問題は、検事長K氏の定年延長を、時の政府が条文の解釈を変更することによって成し遂げたことに端を発する。

 そもそも法解釈には、文理解釈、拡張解釈、縮小解釈、類推解釈、反対解釈、勿論解釈などがある。これらを駆使して法の解釈をするのは、その必要性があるからであり、もしこれらの解釈をしても適用する条文が見つからなければ、立法する必要がある。

 そして、今、国会で国家公務員の定年を延長する条文の改正と束ねて、検察官の定年を延長する条文改正がなされようとしている。

 これらの改正を急ごうとする考え方と、新型コロナウィルスによる緊急事態宣言が出されている今、検察官の定年延長、特に役職検察官の定年延長を内閣などの意志が左右する改正法案成立を急ぐ必要はないとする考え方が対立しているのである。

 どちらの考え方に立つにしてもこの問題で大切なのは、その立法の根拠である。恣意的でないとするには、改正条文の「社会的要請」は何かをはっきりさせることが必要である。それをはっきりさせ、国民に示すことが国会の役目だと思っている。

              by カイトウモハン

2020年5月14日 (木)

マスク

 A教室に小学から中学まで通い、高1になったN君が、今日、B教室に来ました。A教室は中学生までで、高校生クラスのあるB教室に今日から通うのです。

 N君、私を見るなり、「○○です。」といいます。私はN君に会ったことがあると思っていたのですがそうではなかったようです。お互いマスクで顔がはっきりわからず今日の授業は終わってしまいました。マスクをはずせる日が早く来てほしいものです。

 国からのマスクはもうあきらめました。

 

          by カイトウモハン

2020年5月13日 (水)

幸せ

 T高校、今、午前組と午後組に分けて授業をしています。ある生徒が、「今日は午後の授業やった。明日は午前の授業」と言います。「朝、早かったり遅かったりして、生活がみだれるね」と言うと、「明日からは7時過ぎに起きる」と言っていました。その生徒が、「幾何の先生に、『教科書をプロジェクターで映して授業をするから、ノートはとらんでもいい』と言われた」と言います。「先生にはいろんなタイプがあるから、ノートに書きたかったら書いたらええ」と言っておきました。

 今、塾の授業を昼にやっています。だから、夕食は自宅でいただけます。今日、食事中にラジオをかけたら、エルビス・プレスリーの『好きにならずにいられない』がかかっていました。これを聞いて、隣人は、「加山雄三の声に似ている」と言います。そこで、私が、「食事中にプレスリーの歌を聞けるなんて幸せだなあ」と言うと、「幸せやない」と言われました。

          by カイトウモハン

«痛しかゆし

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ