« 理科実験 | トップページ | おやじだぁ »

2007年8月20日 (月)

ハードディスクが

いつものようにパソコンの電源スイッチを入れても、黒い画面から進まない。
いったん電源を落として再度スイッチを入れるもやはりWindowsが立ち上がらない。
しばらく時間を置いてやってみるも結果は同じ。

マイクロソフト社に電話して指示を仰ぎ、「修復」,「再インストール」を行うが、途中でエラーコードが出て、そのコードNOを伝えると、「当社ではこれ以上対応できません。」との返事。

これまでさまざまなトラブルをなんとかクリアしてきたが、今回はまったくお手上げ状態。仕方なくパソコンショップに持ち込んで調べてもらうと、ハードディスクが壊れているとのこと。

ハードディスクの交換だけなら簡単だが、問題は外付けハードディスクに保存していたはずのデータが初回(2月)以降更新されていないことと、さまざまなソフトのインストールを一からやり直さなければならないこと。

考えに考えた挙句、無理かもしれないが一応やるだけはやってみようと決断。壊れたハードディスクは回転はしているようなので、スレーブとして接続し、祈るような気持ちでデータを探したら、『あった。見つかった・・(^o^)/・・ありました。よかった。』
―――最大の関門突破!!―――

ところが、会計ソフトがどうしても見つからない。データはあるのだが動かない。おまけにCDの入ったパッケージを誰かが持っていったまま行方不明。
今年のこれまでの入力が水の泡になるのはつらいし、くろしお進学会の会計決算もできないので、ソフトを購入することに。
およその値段をネットで調べてからパソコンショップに行って値段を見ると、33,000円。エッ!ネットでは28,000円前後だったので、ビビッてしまって買わずに帰ってくる。
再びネットで調べると、26,200円のショップを発見。さっそく注文。
―――2番目の関門も突破できるであろう、たぶん―――

しかし、まだ住所録の問題が残っている。
これも、データは残っているが動かすアプリケーションがどこにも見つからず、インストール元のCDがない???
そこで、残っているデータが変換できるとパッケージに書いてある安いソフトをパソコンショップで1,897円で購入してインストールしたが、住所録のデータの変換ができない。ユーザー登録も途中で画面が次へ進まなくなって質問もできない、電話は受け付けない。なんじゃこりゃ、詐欺じゃ!!
そういえば、このメーカーのソフトはこれまで一度も良かったと思ったことがなかったなぁ。どうも相性が悪いようだ。二度と買わん!
―――関門その3は、いまだ未解決―――
 

« 理科実験 | トップページ | おやじだぁ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハードディスクが:

« 理科実験 | トップページ | おやじだぁ »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ