« ハッスルし過ぎでガタガタ・前編 | トップページ | 丸一日で復活 »

2007年11月13日 (火)

ハッスルし過ぎでガタガタ・後編

 大西学習塾さんは女子塾生が5名、野球やソフトボール未経験者らしき男子塾生が4名のチーム編成で、どの試合もかなり苦戦している様子が痛々しく私の目には映ります。でも、ふてくされたり、悪びれたり、試合を投げたりする姿は微塵もなく、みんなで声を出し合って、懸命のプレーを続けているけなげな姿に、感動を覚えました。

 しかし、一つのアウトでさえなかなか奪うことができずに苦しんでいます。42-3などどいうスコアを聞くとやっぱり気の毒で可哀そうです。ですから、私たちとの対戦では、勝敗はこの際度外視して、親睦や楽しみに徹した試合にするために、混合編成にしようと大西先生や塾生の諸君に提案し、了承してもらいました。

 両チームの力の似通った者同士が、じゃんけんをして、勝った者のチームと負けた者のチームに分かれました。大西さんの塾生が5名のほうが「大西学習塾チーム」、私のところの塾生が5名の方が「慶太塾チーム」となって試合結果を報告するように取り決めました。

 熱戦の末、10-9で「大西学習塾」の勝利になり、その一敗が響いて、今回の優勝は逃しましたが、我が塾の生徒たちはみんながみんな底抜けに明るく晴れやかな表情で、文句いう生徒は皆無だったことがとっても嬉しい私です。

 最終試合の佑啓塾さんとの一戦は、3-8と劣勢だった試合を、最終回(5回)の裏、連打連打の怒涛の攻撃で、見事ひっくり返して9-8でサヨナラ勝ち!この上無い最高の盛り上がりで試合を終えることができました。満塁のチャンスに2塁打を打った久礼中の野球部キャプテンT田君の一打が光りました。

 T君は凡打した時も全力疾走、走って帰って来る際に、さりげなくバットを片付けたり、ボールを所定の位置に戻したり、見ていてその謙虚で真面目な心がけに感心させられます。T君のみならず、みんな試合前の準備、線引き、試合後のグラウンド整備を自ら進んで熱心に行ってくれたことに感謝したいですし、性格の良さを確認でき、ますます一人ひとりのことが大好きになりました。

 優勝は佑啓塾さんでした。おめでとうございます。宿願の優勝を遂げられて、Y飛先生は本当に嬉しそうに、また誇らしげに優勝トロフィーを抱えておられました(笑)。

 私たちはまたしても優勝は逃しましたが、得るものの多かった実に有意義なソフトボール大会でした。感激のサヨナラヒットをかっ飛ばして、一番美味しいところをかっさらって行ってくれたサッカー部のS岡君の満面の笑顔や、ナイスバッティングを讃える仲間のみんなの歓声が、私の心に熱く刻みこまれました。

 最高の想い出をプレゼントしてくれて、みんな本当にありがとう!来年もまた行えることを願っています。


 それにしても、11月も10日となるというのに暑いこと暑いこと。私は短パン半袖ですし、応援してくれている保護者の方々、試合のない塾の生徒さんたちはみんな日陰を探して、強い直射日光や暑さをしのいでいましたよ。

 これも地球温暖化の影響なのでしょうか?

by kururin

« ハッスルし過ぎでガタガタ・前編 | トップページ | 丸一日で復活 »

学習塾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハッスルし過ぎでガタガタ・後編:

« ハッスルし過ぎでガタガタ・前編 | トップページ | 丸一日で復活 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ