« 「学ぶ」ことを学ぼう | トップページ | ハッスルし過ぎでガタガタ・後編 »

2007年11月12日 (月)

ハッスルし過ぎでガタガタ・前編

 日曜日の朝、目覚めとともに「アイタタタタ・・・」と叫んでしまいました。昨日の「後遺症」で体のあちこちが筋肉痛なのです。そう、くろしお進学会のソフトボール大会でのハッスルし過ぎで肩も腕も足もガタガタなのです。

 娘たちの運動会に向けてのトレーニングやランニングに10ケ月間付き合ったおかげで、確かに足腰は鍛えられ、若い頃の半分ほどの基礎体力や筋力が甦っていました。体は軽く、キレもよく、スポーツを楽しめるだけの足腰の強さを取り戻せているのを実感し、嬉しくてハッスルし過ぎてしまったようです。

 佐川の桜美学院さん、高岡の佑啓塾さん、高知の土佐ゼミナールさん、そして同じく高知の大西学習塾さんが参加して下さり、7年ぶりに須崎の浦ノ内・坂内のグラウンドで試合を開催しました。突き抜けるような真っ青な秋空の元、親善試合をリーグ戦で行いました。

 5チーム参加ですから、1チームにつき4試合あります。私は、体力に自信が戻っていましたから、第1試合はピッチャー、第2・3試合はキャッチャーとしてフル出場しました。打者としても9番バッターとして、真剣に打ち、全力疾走しました。

 投げる、打つ、走る、こんな当たり前のことが年々しづらくなってきていましたが、今年は復活元年となりました。トレーニングの賜物です。しかし張り切りすぎたために、第3試合の途中から疲労の色が濃くなり、利き腕の左手の筋肉がツリ始めてしまいました。

 ですから、最後の試合はファーストに転向、一番楽なポジションで無事全試合、フル出場の快挙を(→大げさですね~・笑)果たしたのです。途中、一試合は審判もこなしましたから、かなり体力は使ったと思います。

 我が塾からは8名が参加してくれました。今年は野球部が少なく、サッカーや卓球部が多かったために参加を嫌がる塾生が多かったのが残念です。声援の女子生徒の参加も本心はほしかったのですが、月曜日に中学校の「実力テスト」だそうで、「勉強したい」というものですから、参加を強制できるはずもありません。

 実力テストをものともせずに(笑)、朝の9時から午後3時まで一緒にプレーをした塾生の諸君とは、より一層気心が知れて、心と心の結びつきが強くなったように思えます。普段、教室内だけでは伺い知ることのできない色んな面、優しさや思いやりや気遣い、運動神経の素晴らしさ、ベースボールの才能などを垣間見られて、実に有意義な一日となりました。

 ここで育んだ絆をこれからの受験勉強にも生かして行こうと思います。塾生と先生のお互いの信頼関係が、こんなささやかなイベントを通じて確かなものになっていくことが、とても嬉しいです。参加してくれた塾生の諸君にしても、教室での私とまた違った「バリバリ体育会系の面」を持った私の顔も見ることができて、きっと驚き、見直してくれたことでしょう(笑)。

to be continued

by kururin

« 「学ぶ」ことを学ぼう | トップページ | ハッスルし過ぎでガタガタ・後編 »

学習塾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハッスルし過ぎでガタガタ・前編:

« 「学ぶ」ことを学ぼう | トップページ | ハッスルし過ぎでガタガタ・後編 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ