« 椅子を入れる | トップページ | 機嫌の良い酔い方 »

2007年12月10日 (月)

まとめ学習や調べ学習について

現在、小学5年生の社会においてテキストをノートにまとめたり調べたりする学習をとり入れていますが、その中で気付いた事を述べてみたいと思います。このような学習はどうしても時間がかかりますので、一見不能率なように見えて、ともすれば敬遠されがちです。私も以前はテキストの解説の後、自作のまとめプリントを使用していましたが、理解度、定着度ともにあまりかんばしくありませんでした。ところが、自分の力でノートにまとめるという作業を取り入れたとたん、ぐんと理解度も定着度も向上してきました。これは私にとって目からうろこのでき事でして正直驚いている次第です。考えてみれば自力でノートにまとめるという作業は読解力やポイントをつかむ洞察力などが要求される一段高度な作業で、それができればテストのための知識なんて容易なことです。また何といっても借りものの知識でなく自力でつかんだ知識というのがすばらしいと思います。先生から一方的に与えられた知識でなく自分の手で苦労してつかみとった知識というところに大きな秘訣があります。こういう事ができる、それも嬉々としてできるようになりますと学力は飛躍的に向上していきます。それは目をみはるばかりに向上していきます。つまり学力は暗記ではありません。頭脳の奥深いところを活発にすることがきわめて大切なように思います。思考力や洞察力を養うために、まとめや調べ学習はたいへん有効なように思いますので、これからも大いに研究、発展させていきたいと決意しています。ただどうしても、こういう作業が苦手な子がいます。そしてそういう子供をよく見ていますと、国語力の問題よりもどうも主体性に欠けるきらいがあります。
 めんどうな事はやりたくないという悪習慣がすっかり身についてしまっています。こうなりますと、将来の伸びはあまり期待できませんので、わたしとしましても辛抱強く対応していくつもりです。     
 (廣瀬)      桜美通信12月号より

« 椅子を入れる | トップページ | 機嫌の良い酔い方 »

学習塾」カテゴリの記事

コメント

 大いに賛同いたします。そしてとっても勉強になります。基本的な学習姿勢として、極めて重要なことですよね。

 遠回りのようでいて、実はこういった地道にコツコツと一つずつ、自らの努力で積み重ねていく知識こそが、血肉となり、真の学力を育んでいくのでしょうね。

 素晴らしい記事をありがとうございます。

 by kururin

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まとめ学習や調べ学習について:

« 椅子を入れる | トップページ | 機嫌の良い酔い方 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ