« 模試作り | トップページ | 大いなる疑問2 »

2008年8月16日 (土)

大いなる疑問

 集団指導において、速く進む生徒に合わせると、遅い生徒がついてこれません。逆に、遅い生徒に合わせると、速く進む生徒は手持ちぶさたになります。ええい、それでは真ん中に合わせようでは、進度の速いほう、遅いほうどちらにとっても、どうかという気がします。

 そこで、集団指導においても、個別指導を取り入れてきたわけです。そして、これが生徒たちの学力を伸ばすいちばんよい方法と思っているのですが、最近この指導法に大いなる疑問が生じたのです。この大いなる疑問を解決したとき、今までの指導法もガラリと変わるのではないかという予感がします。

                            by ロックン

« 模試作り | トップページ | 大いなる疑問2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大いなる疑問:

« 模試作り | トップページ | 大いなる疑問2 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ