« せいいっぱい | トップページ | まんじゅう »

2008年12月22日 (月)

塾の役割

 国や県がゆとり教育から学力増進に舵を切った以上、塾としても学力増進に邁進しなければなりません。そうなると、今までのゆとり教育は何だったのでしょう。ゆとり教育のマイナス面だけをとらえ、プラス面を評価しないと、ゆとり教育を受けてきた子供たちやそれを後押ししてきた大人たちがかわいそうに思えてきます。

 たとえば、推薦で合格するから、勉強しなくてよい。クラブ活動だけを一生懸命にする。そういった子供たちを苦々しく見てきた大人たちは、前期に五教科による入試を課し、学力増進を図ろうとします。中学校に単元別の確認テストを導入し、学力増進を図ろうとします。教科の学力が低下してきている現状からすれば致し方ないことかもしれません。

 このように考えてきますと、これからの塾の役割は教科学力増進のために一層大きくなってくるとわが身に言い聞かせています。

              by ダジャマン

« せいいっぱい | トップページ | まんじゅう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塾の役割:

« せいいっぱい | トップページ | まんじゅう »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ