« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

心境の変化

 最近、あまりプリント作りをしていません。それは、プリント作りに意欲が無くなったのではなく、生徒の学力アップには教材会社のテキストで十分だと思い出したからです。いや、いいプリントを作ることができなくなったので、プリント作りの意欲をなくしたのかもしれません。どちらにしても、ものすごくいいプリント以外は授業でプリントを使いたくない心境です。

           by ダジャマン

2009年4月28日 (火)

自分のためのススメ2

 今日、岡山で、ある塾団体の役員会がありました。「自分のためのススメ」を標榜する者が、役員を引き受け、組織のために活動するのはおかしいと思われるかもしれません。

 役員を引き受けることで「自由」が束縛されるのならそうかもしれませんが、そこに「自由」がある限り、「自分のためにする」ことと矛盾するものではありません。自分を見つめ、自分のために行動する。それが「自分のためのススメ」なのです。

              by ダジャマン

2009年4月27日 (月)

自分のためのススメ

 公共性を身につけ、ある一定の年齢に達すれば、物事を自分のためにすすめたらどうでしょうか。人のためとか、世の中のためとかを一切考えず、自分のこれからの人生を考え、自分のためにするとはどういうことかなどを考えて生活していくのです。すなわち、自分のために生きていくことのススメなのです。

              by ダジャマン

2009年4月25日 (土)

逮捕

 今週の社会のできごとで一番印象に残ったのは、あるアイドルグループの一員である男性が逮捕されたことです。ファンの一人である私もそのニュースを見たときは、ショックを受けました。が、逮捕されたからといって犯罪者とは限りません。その後、ニュースなどで情報を得た結果、私なりに、その男性は刑法上の犯罪者でないと確信しました。

 ただ、逮捕という事態にならないためには、普段から身を律しておく必要がありそうです。

               by ダジャマン

2009年4月24日 (金)

 国語の問題集にある「長文切抜き問題」を使っての授業は、子どもの読解力を伸ばすものではないという考え方があります。それも一理あるなと今日の小4の授業で感じました。

 小4の女の子の解答を見ると、すべてに「?」をつけています。全く文章の意味がわからなかったものと思います。そこで、私は一文一文説明にかかりました。その中に「たとえば、たいの場合では、生きているものを『イキダイ』、死にかけてるものを『シメダイ』、死んだものを『アガリダイ』のようによび分けるのです。」という一文がありました。これを読んで、小4の女の子が「サンマやったら、『イキサンマ』、『シメサンマ』、『アガリサンマ』と言うが?」という質問をしてきました。私は唖然としました。私は魚が苦手なのです。

               by ダジャマン

2009年4月23日 (木)

もくもくと

 私が小学生のころ、学校の給食に出たミルクは脱脂粉乳でした。それはお世辞にもおいしいとは言えず、私が牛乳嫌いになった原因の一つです。このように、小学生のとき、苦手意識や嫌いになる原因があると、あとあとまで尾を引きます。

 勉強も小学生のときに嫌いになったらいけないと思い、楽しくなる授業を試みています。が、あるクラスは、私の冗談は全くの無視で、もくもくと問題を問いています。私もシャレを言うことができず、少しさびしい気持ちがしますが、もくもくと授業をしています。

                by ダジャマン

2009年4月22日 (水)

宿題テキスト

 今日、塾生に学校から出されている宿題テキストを見せてもらいました。なかなかのもので、高知市・高知県も力を入れているなと思いました。要はこれが長続きするかですが、本気であればきっと長続きするでしょう。ただ、費用はかかるかもしれません。高知市以外でもこのような宿題テキストをやっているのでしょうか。塾もうかうかしてはいられません。

              by ダジャマン

2009年4月21日 (火)

学テ

 今日、小学6年生と中学3年生の全国学力テストが行われました。算数に関して言えば、基礎学力の判定のためと思われます。この点数を上げるためには、指導を基礎の基礎に徹する必要があると思いました。

 中学3年の数学も基礎的な問題ですので、高知県の一部の私立中がこの学力テストに参加しなかったのでしょうか。

 算数と数学の問題を見て、塾の指導とはあまり関係がないと思いました。

              by ダジャマン

2009年4月20日 (月)

公立中の宿題

 今日の高知新聞の朝刊に、高知市の「全公立中で『宿題』始まる」の記事が載っていました。基礎学力定着に向けての共通の復習問題集を「宿題」として出す取り組みだそうです。これが高知県の基礎学力アップにつながることを期待しています。塾生に聞いてみますと、内容的には難しくないので自分でやれるとのことですので、これに対する塾の取り組みは不要のようです。学校で基礎学力がつくと、塾で教えるのが少し楽になるかもしれないと思ったりしています。

                 by ダジャマン

2009年4月18日 (土)

スカート

 最近の小学生は鋭い質問をします。今日も「日本の男性はなぜスカートをはかないのか」と聞かれました。まじめに考えもせず、つい「日本の男性はすね毛が濃いので出すとはずかしいから」などといいかげんな答え方をしてしまいました。

 子どもの質問に真正面から取り組まないで、当面の勉強とは関係ないとして、つい茶化した答えとなってしまいました。質問した子どもの疑問のめを一つ摘み取ってしまいました。

              by ダジャマン

2009年4月17日 (金)

3086

 3086という数字を見て気づかない人はいないかもしれません。それほど、今、マスコミで取り上げられている数字です。

 才能と努力を兼ね備えた者は、必ず一定の成果が出てくるものです。現在、まだ一定の成果が表れていない人は、努力の過程と考えて前向きに進むことです。などと、イチロー選手の記録にあやかって、自分を元気づけてみました。

                 by ダジャマン

2009年4月16日 (木)

小学部会

 今日、くろしお進学会の小学部会を開きました。模試の作成担当者、日程、模試範囲などについて話し合いました。次は、くろしお進学会総会が例年通り5月に開かれます。そのときは、塾業界の現状等についても広く情報交換できるものと思います。

                    by ダジャマン

2009年4月15日 (水)

夢の予知

 塾生が「先生が今言った言葉を夢の中で聞いたことがある」と言いました。「そんなことない?」とたたみかけて言います。「あることが起こって、それを夢で見たことがあると思ったことない?」私は「ある、ある」と答えます。小学6年生で早くもそんな体験をするとは、感受性の強い子だなと思いました。

 以前は、「これは夢の中で見たシーンと同じだ」といった体験をしたことがありますが、最近は全くありません。ただ、夢で見たことが現実に起こっても、感覚が鈍くなるとそれに気づかないだけなのかもしれません。

             by ダジャマン

2009年4月14日 (火)

レインボー

 今日の夕方、雨上がりに虹を見ました。主虹と色の順序が逆になる副虹をはっきり見ることができました。下の方の家から子どもの声が聞こえてきます。「おかあちゃん、もう見えなくなった。」と。玄関から母親が出てきて「そうやね」と言っています。しかし、私にはまだはっきりと2つの虹が見えています。あまりにも美しかったので、つい拝んでしまいました。

              by ダジャマン

2009年4月13日 (月)

つぶやき

 今日、小学6年生の一人が算数の授業中に、「塾の先生になろうかな」と独り言を言っていました。今まで塾生でそんなことを言った人はいませんでした。その塾生はサッカーをやっているので、将来はサッカー選手になりたいと言っていたようですが、心境の変化でしょうか。単なる気まぐれなのでしょうか。私はさらっと聞き流しましたが、印象に残るつぶやきでした。

 千葉から来た親戚の者が、赤岡の「えきん」に行きたいと言いました。私は赤岡駅に何があるのかと不思議に思い、聞いてみますと、赤岡町の「絵金蔵」のことでした。そこに行ったことを今日書こうと思いましたが、印象深いつぶやきを書いてしまいました。

              by ダジャマン

2009年4月11日 (土)

風景

 何とはなしに見ていた商店街の菓子店のシャッターが閉まっています。土曜日なのに、はや店を閉めたかなとじっと見てみますと、シャッターに貸店舗という紙が張られていました。あの有名な菓子店でさえ、閉店するご時世です。甘い考えを持ってはいけないなと思いました。

             by ダジャマン

2009年4月10日 (金)

質問

 小学6年生で、私によく質問する塾生がいます。この前も「大人はどうしてうそをつくの」と質問されました。

 今日は、「人間は生まれ変わったら前の記憶はどうなるの?」という質問を受けました。私は、「前の記憶はなくなるよ。」と言い、つい「そもそも人間は生まれ変わらないよ。消しゴムも使い切ったら、それが新しいものにならないでしょう。」と夢のないことを言ってしまいました。

 夢のある話ならうそをついてもよいかなと思いました。

              by ダジャマン

2009年4月 9日 (木)

背中から

 今朝、ベッドから落ちました。ベッドから落ちたのは、生まれて初めてです。へたをすれば、ブログを書くどころではなかったかもしれません。

 私のベッドの横にはタンスがあり、そのまま落ちていれば頭がタンスにゴンでした。が、このタンスをわざわざ避けて、背中から落ちたのです。

 どうしてタンスを避けることができたのでしょうか。私は前かがみになる夢を見ました。その瞬間ドスンという音とともにベッドの下で我に返ったのです。前かがみになることでタンスを避けたのです。落ちたにもかかわらず、どこも痛いところはありませんでした。ちょうど背中の下に上布団があったからです。スタントマンではあるまいし、これほど上手に落ちるとは思いませんでした。

               by ダジャマン

2009年4月 8日 (水)

燃料

 家の灯油が切れました。ここで新しく買うと、余って無駄になるので、ガマンです。

 ガマンと言えば、車にガソリンを入れるのをガマンしていましたが、昨日、ふと通りかかったガソリンスタンドが1ℓ100円という表示をしていましたので、つい満タンにしてしまいました。

 今日、空港に知人を迎えに行く途中、道路沿いのほとんどのガソリンスタンドは、1ℓ116円になっていました。昨日ガソリンを入れた電車道路沿いのガソリンスタンドは114円になっていました。少しラッキーという感じです。

              by ダジャマン

2009年4月 7日 (火)

ことば

 塾で、ある子どもが「先生、おかしい」と言いました。私は、「先生はおかしくありません。」と答えました。すると、ある生徒が「学校で『先生、ボール』と言ったら、『先生はボールではありません。』と言われたのと同じや」と応じました。私は冗談のつもりで言ったのですが、子どもはしっかり反応するものです。ことばは大切にしなければならないと思いました。

            by ダジャマン

2009年4月 6日 (月)

プリント作り

 名残惜しかったのですが、今までに作ってきた多くのプリントを捨てました。日々知識は新しくなっていると思うと、今までに作ったものが古く感じられたのです。作ったプリントがあるとついそれに頼り、新しいものを作りません。古くなっているにもかかわらず、つい授業で使ったりしがちです。そこで、思い切って廃棄したのです。これから先、また、新しいプリントを作り始めたいと思います。

               by ダジャマン

2009年4月 4日 (土)

正念場

 春期講座は今日で終わりました。あと数日で新学期が始まります。高知県の公立校も学力アップに努めると思いますが、塾も一層子どもたちの学力アップに励まないと、時代に取り残されていく気がします。親が学校に学力アップを期待するか、塾に期待するか、これからが正念場です。

                by ダジャマン

2009年4月 3日 (金)

悩み

 小学4年の女の子が話をしているのを聞いていると、「何のクラブに入る?」「私はたんこぶ」と言っていました。「たんこぶ」とは新しいギャグではないかとその話の中に入っていきました。その4年生に「何部に入るの?」と聞くと、「迷っているからたんこぶ。」と言うのです。「た・ん・こ・ぶ」とは、どのクラブに入ろうか迷っているときの言葉だそうです。もはや私もついていけない世代が現れました。

 小学6年生の女の子が「先生、北朝鮮のロケットは高知に落ちるの?」と聞いてきました。私は「だいじょうぶ、落ちないよ。」と言ってあげると、「よかった。」と言って帰って行きました。

 子どもは子どもでいろいろ悩みはあるものです。

               by ダジャマン

2009年4月 2日 (木)

夢判断

 夢は自分の無意識を教えてくれます。自分の気持ちがどちらかはっきりしないとき、自分の気持ちに決着をつけてくれるのです。

 今日、夢を見ました。それは、高校生になっても通塾してくれるのを期待していた塾生の夢でした。夢の中でその子が塾に来ています。しかし、私の方を全然見てくれません。窓から外を見ているだけです。これで、私はその子が塾に来てくれるのをあきらめ、心に決着をつけました。

               by ダジャマン

2009年4月 1日 (水)

ピリッと

 1月はいく、2月はにげる、3月はさるというように、あっという間に4月になりました。

 今日、授業中に、ロケットの打ち上げの真似で、手を上げて腰をひねった瞬間、腰にピリッときてしまいました。これは冗談ではなく、気をつけないといけないと思いました。

             by ダジャマン

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ