« 敬老 | トップページ | 史跡めぐり »

2009年9月21日 (月)

シグナル②

 どうして足に強い電気が走るかわかりませんでした。そこで、靴のせいにしました。新しい靴を買ってはいてみましたが、また同じように強い電気が走ったのです。次の日、医院に行きました。血液検査の結果は異常ありませんでした。

 医院からの帰り道、私は脳からの信号に不都合があるのではないかと思いました。足の親指を動かすのにあれほど大量の電気信号を送る必要はないのです。その手加減を脳ができなくなっていると考えたのです。もちろんこれは仮説ですので実験をすることにしました。

 今まで靴やスリッパを履くとき、常に右足から履いていたのを、左足からも履いたりすることにしたのです。その結果、最後に強い電気が走ってから1週間経った今も強い電気は走っていません。もしこの実験が失敗したら、私は人間電気クラゲになっていることでしょう(?)。

               by ダジャマン

« 敬老 | トップページ | 史跡めぐり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シグナル②:

« 敬老 | トップページ | 史跡めぐり »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ