« 世にも不思議な物語2 | トップページ | ゾーっとした話 »

2009年9月 5日 (土)

エピローグ

 ○○駅で待とうと約束したにもかかわらず、私は国鉄の駅で待ち、彼はバス停で待つという事態がどうして生じたのでしょうか。それは、私と彼の間に共通の知識がなかったからです。

 私は、駅とは列車が止まるところと思っていましたが、彼が育った地域では、バスが止まるところを駅と言っていたそうです。

 わかってみると、不思議さが解消され、「世にも不思議な物語」ではなくなってしまいました。

               by ダジャマン

« 世にも不思議な物語2 | トップページ | ゾーっとした話 »

コメント

 おもしろく思ってもらってよかったです。その後、彼と彼女との夏の大三角へと話は展開しますが、またの機会といたしましょう。

 いやぁ、実に興味深いお話で、とっても面白かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エピローグ:

« 世にも不思議な物語2 | トップページ | ゾーっとした話 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ