« シリーズ | トップページ | こい話し2 »

2009年11月23日 (月)

こい話し1

 今日は内容の「濃い話し」をしてみようと思います。

 K附属中学校の入試説明会に行ってきたときのことです。会場で話を聞きながら、学校側が去年とは違った方法で同じ内容をアピールしていると感じました。去年も今年もそうでしたが、学校側が主張したかったのは、生徒の学力を伸ばした結果の小津・西・追手前への進学実績と校則を守ることができる生徒に来てほしいということでした。去年はこの2点を先生の話でアピールしたのですが、今年は在校生の保護者が進学実績を主張し、生徒会の生徒が校則を守ることの必要性をアピールしました。

 今年の説明会での先生の話では、学科試験と面接のどちらにウエイトがあるかは話せないとのことでしたが、そのあとの在校生の保護者の話では、面接が重要であるとのことでした。保護者の話をもっと聞きたかったのですが、時間が押していた関係上保護者の話は打ち切られました。

 K附属中学校の入試では、附属小学校から上がってくる生徒を除いた人数が実際の募集人員になります。そこで、入試前に競争倍率について正確に把握するには附属小学校から何人上がってくるのか、の情報が必要となってきます。この情報を知らせてほしいとお願いしているのですが、どうなることでしょうか。

             by ダジャマン

« シリーズ | トップページ | こい話し2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こい話し1:

« シリーズ | トップページ | こい話し2 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ