« 1本 | トップページ | ちから »

2009年12月 7日 (月)

こい話し4

 大学祭から数日後、建二がアルバイト先から下宿に帰って来ると、外で明が待っていた。話しがあると言うのだ。部屋に上がってもらい、どうしたのかと聞くと、咲にどうしても思いを伝えたいと言うのだ。大学祭のときに思いを伝えたのではないかと建二が聞くと、そうだと明が言う。それなのに今更と思うのだが、そうはいかないらしい。建二は知っていた。咲がこころよく思っている人がいるのを。それは同級生の和雄だ。だから、建二は明に思い切って言うことにした。

 建二:彼女はお前のことを好きではない。

 明 :わかっている。

 建二:それなら、しつこく言うことはやめた方がいい。

 明 :・・・・・・。

 建二:あきらめないと彼女との友達関係も切れることになる。彼女と話しもできなくなる。

 納得したのか、そうではないのか、明は帰っていった。

 翌日、大学のゼミ室で、建二、治、明、和雄、里美、咲、晶子が会ったとき、一同、何事もなかったように話がはずんだ。

 今日の話は架空のものであることをお断りしておきます。

           by ダジャマン

« 1本 | トップページ | ちから »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こい話し4:

« 1本 | トップページ | ちから »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ