« 南北 | トップページ | 高入 »

2010年1月13日 (水)

こい話し9

 建二は中学・高校と6年間剣道をやってきた。そこで、大学生になっても当然のように剣道部に入った。しかし、中学・高校のときとは違ってそれほど真面目には練習に行かなかった。

 だから大学の体育の授業で剣道をとろうなんてさらさら考えもしなかった。剣道ではなくバドミントンをとったのである。ところが、何と不運なことだろう!里美が体育の授業で剣道を選択したと、建二は咲から聞いたのである。里美が剣道を選択したなんて信じられないと咲は言った。

 建二にも思いがけないことであった。もはや選択を変えることはできなかった。里美が勇気を持って剣道を選択したのにと思うと、建二には後悔の念が残った。しかし、里美とつき合っている治のことを考えると、これでよかったのだと、建二は自分に言い聞かせた。

 この話はフィクションであることをお断りしておきます。それにしても風邪が長引いています。

             by ダジャマン

« 南北 | トップページ | 高入 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こい話し9:

« 南北 | トップページ | 高入 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ