« 連合 | トップページ | しっかり者 »

2010年2月10日 (水)

高入5

 高知県の公立高前期入試問題を解いてみました。新聞で報道されているように、基礎的な問題でひねった問題はほとんど見られませんでした。数学の問題も今までになくやさしくホッとしたのですが、、、。

 夜の授業で生徒に聞いてみると、芳しくありません。やはり、例年より一ヶ月も早い本番では、生徒の力をピークに持っていけなかったのかと言い訳をしています。生徒たちには、「みんなそんなものやから心配するな。2月でお別れやぞ」と言っています。

 それにしても、区内と区外では不平等だと感じました。例えば、A高校の区内生での倍率は約1.4倍、区外生では約1.6倍になっています。それだけ区内生は恵まれていたのです。恩恵の渦中にいるものはそれがわからないものなのです。

                  by ダジャマン

« 連合 | トップページ | しっかり者 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高入5:

« 連合 | トップページ | しっかり者 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ