« 漢字ノート | トップページ | でんとう »

2010年3月 4日 (木)

絶句と律し

 新小5の授業で最小公倍数の求め方をやりました。

 それを見て、ある生徒が「先生、それはアメリカ方式ですか?」

 そういえば、やり方が筆算の逆の形で割っていきます。

 そこで、私は何とも答えられず、絶句。

 新小6の授業の前に、緊張感をほぐすために小話をしました。

 「私が小学生だったころ、ちょっとした話がはやりました。

  日本で幽霊が出てくるとき『うらめしやー』でしょう。

  では、アメリカの幽霊は何と言ってでてくるでしょうか。

  それは、『おもてパンやー』です。」 さらに続けて生徒が

 「先生、ではインドの幽霊は何と言って出てきますか?」と質問。

 「それは、『ちゅうカレー』です。」と自ら答えました。

 私はその子を律して授業に入りました。

           by ダジャマン

 

« 漢字ノート | トップページ | でんとう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶句と律し:

« 漢字ノート | トップページ | でんとう »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ