« ショウシャマン | トップページ | 受験のすすめ »

2010年3月11日 (木)

まよい

 「不毛地帯」を読み終え、新たに文庫本を買いに本屋に行きました。読みたい本がいろいろあって目移りしましたが、2つの本のうちどちらを買うかにまでしぼりました。それは、司馬遼太郎の「項羽と劉邦」か塩野七生の「ローマは一日にして成らず」かです。

 どちらにしようか迷っていると、隣から「早くして」という声が聞こえます。なかなか決断がつきませんでしたが、「ローマは一日にして成らず」の方にしました。それは漢字が少なかったからです。

 高校時代、日本史でなく世界史を選択した友達がいましたが、それは漢字よりカタカナがすきだったのかもしれないとふと思ったりしました。

 そんな選択の仕方でもまーよいか。

               by ダジャマン

« ショウシャマン | トップページ | 受験のすすめ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まよい:

« ショウシャマン | トップページ | 受験のすすめ »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ