« 絶句と律し | トップページ | 高入6 »

2010年3月 5日 (金)

でんとう

 用事があって母校で先生をしている友人に会いに行ってきました。そのついでに、中学・高校と所属していた剣道部に寄って来ました。もちろん、私が通った道場はすでになく、当時から数えて三代目の道場です。

 道場に行くと、入り口で5,6人の生徒がたむろしていました。その中から「先生」と言う声がしたのでその方を向くと、中学1年生の元塾生でした。背も高くなり、見違えました。

 私が学生時代6年間通った道場は、照明設備もなく、床もあちこちでこわれていましたが、新しくなった道場は見違えるほどでした。

 高校3年生のとき、道場に電燈をつけてくれるよう、その当時の校長先生にお願いして、断られたことなどを思い出しながら帰ってきました。

                  by ダジャマン

« 絶句と律し | トップページ | 高入6 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: でんとう:

« 絶句と律し | トップページ | 高入6 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ