« 遠い道 | トップページ | 心を開いて »

2010年4月26日 (月)

自己弁護

 小・中・高生と私に対する接し方が違います。小学生は私の顔や姿をよく見ています。今日も帰りに生徒が、「先生、寝不足ですか。目にくまができていますよ」と言います。私はそんなことを言われて、照れ隠しに、「それは、くまった、くまった」と応じます。

 中学生になると、伏目がちに私を見ます。私がギャグを言うと、こそっと笑います。高校生は私の方を全く見ません。こちらはシャレを言いません。

 個別指導より集団指導のほうがギャグが出ます。だから、集団指導は私を楽しい気分にさせてくれます。生徒たちには「知識が多くないとシャレは言えんよ。オヤジギャグをばかにしたらいかんぞ」と自己弁護をしています。

             by ダジャマン

« 遠い道 | トップページ | 心を開いて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自己弁護:

« 遠い道 | トップページ | 心を開いて »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ