« 太陽と北風 | トップページ | 遠い道 »

2010年4月23日 (金)

六人の子

 夕方の授業のとき、一番前の席の子が、「先生、ぼくの頭のここ、はげてますか?」と頭の一部を指差して質問します。私はぎくっとしながら、「はげてない」とさりげなく答えます。

 二番目の席の子が、「先生ほどではない」とフォローします。それを聞いて三番目の子が、「それは先生に失礼です」と口をはさみます。

 夜の授業で、A子が「先生、寒い!」と言います。私は「寒いときほど寒いかっこうをして自分を鍛えなさい」と言います。すると、B子が「先生、冬は半そでですか?」と聞きます。私は「そーで」と答えます。それを聞いたC子が「先生、うまい!」と合の手を入れます。

 生徒との会話は私を楽しい気分にしてくれます。

             by ダジャマン

« 太陽と北風 | トップページ | 遠い道 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六人の子:

« 太陽と北風 | トップページ | 遠い道 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ