« かいだん話し | トップページ | 公立回り »

2010年7月19日 (月)

シンド

 梅雨が明け、夏らしく日差しが強くなってきますと、ラジオから流れる音楽も青春を思い出させるものとなってきます。

 教室に行く途中、カーラジオ(FM)から、ズーニーブーの『白いサンゴ礁』が流れてきました。続いて松田聖子の『青い珊瑚礁』、気分は夏全開です。そして、ザ・ワイルド・ワンズの『思い出の渚』がかかるといっしょに口ずさんでいます。

 「君を見つけた この渚に 一人たたずみ思い出す 小麦色した 可愛い頬 忘れはしない いつまでも 」

 さらに、ラジオから、弘田三枝子の『渚の・・・・』と紹介されたときは、私は「ちがうだろう、ピンクレディの『渚のシンドバット』だろう」と一人つぶやいています。

 そうこうしているうちに教室に着きました。現実が待っています。

              by ダジャマン

« かいだん話し | トップページ | 公立回り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シンド:

« かいだん話し | トップページ | 公立回り »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ