« 心の準備 | トップページ | ようい周到 »

2011年9月 7日 (水)

しまったからしめたへ

 小学4年生でねる子がいます。「ねる子は育つ」などと言っている場合ではありません。塾に来てねてたでは当方、言い訳がたちません。かといって、怒っても起こしてもふてくされるだけで何の効果もありません。

 そこで、「塾でねるとこわい夢を見るからやめよう」と思わすため、耳元で「ドロドロドロー」と言ってみました。しかし、効果がありそうにありません。「目を開けてー、目の前にアイスクリームがある!」と言ってみると、目をつむったまま、にこっとしたみたいでしたので、「しまった!」と思い、言い方を変えました。

 耳元で、「目をつむっていると、目がいらんものと思い、ほとけ様が目を取りに来るでー」と言うと、指で耳をふさぎました。「しめた!」と思い、さらに追い討ちです。「耳をふさいでいると、耳もいらんと思って耳も取りに来るでー」と言うと、指で自分の目を開けようとしています。「自分の意志で目をぱっちり開けてごらん!」

 偶然かもしれませんが、そのあとは目を開けて勉強をしました。ありがたし、ありがたし。

           by ダジャマン

« 心の準備 | トップページ | ようい周到 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しまったからしめたへ:

« 心の準備 | トップページ | ようい周到 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ