« 問題あり! | トップページ | おはなし »

2012年2月24日 (金)

ごかいのすすめ

 生徒の学力を上げる方策の一つとして、チーム対抗問題合戦をしています。机のたての列でチームを分け、負けたチームが余分に問題をやることになるのです。

 「この問題は、2名できたチームが勝ち」と言うと、それは不公平だという生徒が出てきます。自分のチームは人数が少ないというのです。そこで、私は「君のチームは今日、欠席者がいるからしかたない」と言って話をすすめます。不公平だと言った子が「今度の問題では、できなかった人が2名にしよう」と言います。さすがです。考えたものです。そうすると人数が少ない方が有利となるのです。

 福沢諭吉の著書に『学問ノスヽメ』があります。身分による差別をなくすには学問をせよということなのでしょう。が、うがった見方をすれば、自分の不利益を克服し、有利にするには勉強しろということになるのでしょうか。生徒のちょっとした言葉でそんなことを考えてしまいました。

               by ダジャマン

« 問題あり! | トップページ | おはなし »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ごかいのすすめ:

« 問題あり! | トップページ | おはなし »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ