« 遠慮がち | トップページ | ひさしぶり »

2014年7月21日 (月)

変そう

 散歩するときは、帽子にサングラス、誰が見てもあやしきおじさん。誰も声をかける人はいないと思いきや、「すみません、○○病院へはどう行ったらいいですか」と声をかけられました。「不燃物を出しに来て、道に迷ったのです」 

 病院から来た、80歳ぐらいのおばあさん、さてはあれかなと思ったのですが、そうではないようです。○○病院の近くの知り合いの家に来ていたそうで、そこに帰れなくなったようです。私が歩いて行くと、私の後をついてきました。もちろん、散歩の道順をかえて歩いているのですが、そのおばあさんが、「わざわざ行ってくれているのではありませんか」と聞くので、「いいえ、ちがいます」と言いながらゆっくり歩き続けます。

 おばあさんは、近くの不燃物を出すところに行くつもりが、遠くのところまで来てしまったようです。○○病院に近くなると、「ここでわかります」とのこと、そこでお別れしました。

 私は、さも散歩コースのようなふりをして道を歩き続けました。自宅の近くまで来ると、車に乗った方が、私に声をかけます。サングラスに帽子は効果のない変装でした。

           by ダジャマン

« 遠慮がち | トップページ | ひさしぶり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変そう:

« 遠慮がち | トップページ | ひさしぶり »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ