« A日程での合格をめざして | トップページ | ホッと »

2016年2月28日 (日)

てんてきは忘れたころにやってくる

 ベッドで寝ている患者は安静である。だから、用事があるときはナースコールをする必要がある。ところが、ナースコールをしすぎて、ナースが天敵になってしまったのである。

夜10時を過ぎ、うとうととしていた患者は、カーテンのすみから左手が出てきたのを何となく見ていた。そうです。その患者は点滴をされていたのである。姿を見せず、ただカーテンから左手だけが出てきて、その点滴を操作したのである。もしやあの天敵がと思うと、何をされたか不安になってきたのである。

 動けず、不安は募るばかりである。そうだ、忘れていたが、あと30分もすれば、ナースが見回りに来るはずだ。そう思うと気が少し楽になった。

 また、少しうとうとしていると、まさに点滴が取りかえられようとしていた。患者は目を見開いた。「ごめん、起こしてしまったあ」 そのナースの声とともに安心したのか、深い眠りへと入っていった。

                  by ダジャマン

« A日程での合格をめざして | トップページ | ホッと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: てんてきは忘れたころにやってくる:

« A日程での合格をめざして | トップページ | ホッと »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ