« カーリング | トップページ | 似たもの夫婦 »

2016年3月25日 (金)

うそのようなほんとの話

 よくテレビで見る、つい笑ってしまうシーンがあります。それは、登場人物が紙を取ろうとして風に飛ばされ、さらに取ろうとして飛ばされるのです。そのシーンに生まれて初めて私が出くわしたのです。

 教室のシャッターの下に挟まれた電気の検針票、シャッターをあげそれを撮ろうとした瞬間、風に飛ばされました。まわりを見て、まだ余裕を持ってそれを取ろうとしたとき、また飛ばされました。少しあせりました。これ以上飛ばされると車道に出ます。と思ったとき、車道の真ん中まで、それも信号のないところに飛ばされてしまいました。

 理科の授業で、動物の何類かを言うのに、「イモリ、ヤモリ、タモリ、それぞれ何類?」と聞くと、「タモリは人間やき関係ない」と言います。そこで、私は、タモリの名前の由来を話し、「人生にはこういったことは他にもある」と言って、例として、ブリジストンの名前の由来を話してあげました。しかし、「うそやー」と言って信じてくれません。生徒は、それをどこで聞いたか聞くので、「大学で教えてもらった」と言うと、だまってしまいました。

 カーリングで、日本は2連勝で、決勝トーナメントに進出!

             by ダジャマン

« カーリング | トップページ | 似たもの夫婦 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うそのようなほんとの話:

« カーリング | トップページ | 似たもの夫婦 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ