« クリスマスイブ | トップページ | 「ゆっくりアルキメデス」の真理 »

2017年12月25日 (月)

 朝の散歩中、道にピンクのコートが落ちていました。向こうから若いお母さんと3歳ぐらいの女の子が急ぎ足で歩いてきたので、そのピンクのコートを手渡しました。

 その場を離れるとき、後ろの方で3歳ぐらいの女の子の声が聞こえます。お母さんが何か言ったのでしょう。「あのおじ(い)さん?」

 今日は公立小学校の終業式です。遅れてきた男の子が言います。「学校が終わるのが遅かったき、遅れたのは学校のせいや」とのこと。時間通りに来た生徒もいるから、きっと寄り道をしてきたのでしょう。「学校のせいやない」と言っておきました。

                  by カイトウモハン

« クリスマスイブ | トップページ | 「ゆっくりアルキメデス」の真理 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« クリスマスイブ | トップページ | 「ゆっくりアルキメデス」の真理 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ