« うかる | トップページ | 倍率 »

2020年2月18日 (火)

刻々と

 今の小学5年生には、少し厳しいかなと思っています。それは、授業中に鉛筆を落とせば1本につき1分の居残り、プリントを落とせば3分の居残り、とかのきまりを作っているからです。

 今日、どうしてそんなきまりを作っているか話してあげました。それは恐ろしい話です。「1枚、2枚、3枚・・・足らへん」ここで笑いが起きます。話がそれましたが、それはこういうことなのです。

 ある生徒が、中学入試の時、試験問題1枚を後ろの方に落としてしまったのです。こんな失敗をしてはいけないのです。それで、その生徒は困り、手を挙げました。しかし、先生はこちらを見てくれません。試験中なので声もあげられません。時間は1分2分3分と過ぎていくのに先生はこちらを見てくれません。危うし、生徒!続く。

            by ダジャマン

« うかる | トップページ | 倍率 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うかる | トップページ | 倍率 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ