« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月30日 (土)

意気さかん

 小5から塾に来ている生徒、高校生にもなると、自我に目覚め、私が言ったことに対抗します。

 式の展開で「公式を忘れた」と言います。そこで、「しっかり計算してみたらどんな公式やったかわかる。忘れたというのは知らんと同じや」と言うと、「忘れたと知らんはちがう」と言われてしまいました。

 明日は、小6のくろしお模試です。合否判定がでるので生徒も意気込んでいます。

           by カイトウモハン

吾輩はカッパである1

 小中学校の友人に「カッパ」というあだ名の生徒がいました。だれがつけたのか、由来は何なのかわかりませんが、みんな「カッパ」と呼んでいました。スポーツ抜群、勉強抜群でした。

 彼にはすべてのことで負けるのですが、ほんの一時期勝っていたことがあります。それは塾での模擬テストです。彼は私が通っている塾に模擬テストを受けに来ていたのです。その模擬テストで私に勝てません。そこで、彼は通っている塾をやめ、私が通っている塾に入ってきました。

 それからは、私は彼にいつも負けるようになりました。彼は、お父さんの転勤で、灘高にかわり、大学は東大に行きました。

               by ダジャマン

2020年5月29日 (金)

今聞くと

 2週間塾を休んでいた生徒、できていた因数分解に今日は苦戦していました。「休んでいたきねえ」とつい言ってしまいました。

 附属中は来週から土曜日の午前中授業があります。公立中は土曜日は休みです。ここから差がでてきたら大変です。

 帰りにカーラジオから「鳥になった少年」の歌が聞こえてきます。若い頃聞いたときはそうは思いませんでしたが、今聞くと悲しく聞こえます。

           by カイトウモハン

2020年5月28日 (木)

みっつ

 「筋トレいや」と生徒が言います。クラブ活動が始まっているにもかかわらず、剣道は三密でまだ道場で練習できず、筋トレして体が痛いそうです。同情します。

 最近めぐり会えなかった3個のおはぎをスーパーで見つけ、ついつぶやいてしまいました。「ナイス ツー ミッツュー」そして買って帰りました。おいしかった、おいしかった!

           by ダジャマン

2020年5月27日 (水)

体験

 小学4年の女の子が体験学習に来ました。今まで、水曜日の学校は5時間授業でしたが、今日から6時間授業になったそうです。さらに塾というとかわいそうな気もしますが、勉強は楽しいものだということを教えてあげようと思いました。

 夜、網戸の外側から、男の人の声が聞こえます。「勉強しているのか」と。私は、「塾だから当たり前」と思いながら、網戸の方には目もくれず、生徒の席を回って教えていました。まだ外に人気を感じたので、網戸の方に近づいて行くと、「すいません。外にバイクをおかしてもらっていいですか」と言うので、「どのくらいですか」と聞くと、「少しの間」と言うので、「いいですよ」と言ってしまいました。授業が終わって帰るときにはバイクはありませんでした。

             by カイトウモハン

2020年5月26日 (火)

オンライン会議

 全国学習塾協会の中国四国支部総会が明日、Web上で開催されます。
 
 この時期になると、十年以上前の支部総会のことが思い出されます。思いがけないことが起こったのです。支部総会会場の岡山へ列車で行く途中、土砂降りで列車が止まり、バスで乗り継いで会場に着いたときは会は終わっていました。
 
 明日のWeb上の会議では、思いがけなく接続がうまくいかなかった場合を考え、書面の委任状も提出しておきました。これで安心して、明日を迎えることができます。
 
 全国の緊急事態宣言も解除され、久しぶりに公園の花を写す気分になりました。

Photo_20200526224001

        by カイトウモハン

2020年5月25日 (月)

プリントをする

 今日から本格的に学校の授業が始まりました。中3もしっかり6時間の授業でした。塾もしっかりやらなければなりません。

 算数の授業のあと、小6の男の子が聞きます。「先生、国語するがー?」 私は「スルー」と答えます。「先生、それはやらんということやない?」

  プリントを配ると、「先生、何枚するがー?」と聞きます。私は「しまいまで」と答えます。「先生、よん枚ということー?」と聞くので、「よん枚もできんやろう」と答えます。

 結局、今日は3枚でおしまいでした。

          by ダジャマン

2020年5月23日 (土)

 車ではりまや橋を通っていると、何と車の少ないことか、人通りもまばらです。

 教室の近くの駐車場に車を置いて教室への道を歩いていると、大きな声でケイタイをかけている女の人の声が聞こえてきます。「昨日の夜行ったら、中心街は人が少なかった。帰りのタクシーも拾えんかった。コロナ、コロナの影響よ。」

 高1の生徒が言います。「先生、学校で話しかけてこられたあ。くろしお模試受けてたろうと。」その生徒と同じクラスになったそうです。

          by カイトウモハン

2020年5月22日 (金)

待つわ

 車を走らせていると、あみんの『待つわ』がカーラジオから聞こえてきます。2車線で左折すると、隣の車も左折し、私の車に近づいて止まろうとしたので、そちらに目がいってしまいました。その一瞬に自転車が左からやってきて私の前を横切ろうとします。「私、待つわ・・・・あなたが横切ってしまうまで。」 隣りの車は横切ろうとした自転車に先に気がついていたのです。あぶないところでした。

 中3の数学の授業です。置き換えて式を展開するやり方がなかなかできません。「私、待つわ・・・・あなたが置き換えてくれるまで。」

 政治家の中には、自分の過ちを認めたがらない人もいるものです。「私、待つわ・・・あなたがじにんする日まで。」

           by ダジャマン

2020年5月21日 (木)

体調

 小学6年の男の子が「頭が痛いので帰りたい」と言います。まだあと20分授業時間があったので、「休みながらでいいからもう少し勉強していき」と言って、その生徒の顔色を観察していました。10分前になって、「帰っていい?」と聞くので、「いいよ」と言って、「ゲームをしすぎると頭が痛くなるよ」とつけ加えておきました。

 その男の子、「今度は体調を整えてくるから」と言いながら帰って行きました。

             by カイトウモハン

2020年5月20日 (水)

きびしきもの

 昨日4時過ぎに車を走らせていると、自転車道を多くの生徒がかたまって帰って行く様子が見えました。T校の生徒たちです。今、放課後のクラブ活動はしていないようで、下校時に生徒が重なったためそうなったのです。

 今日、生徒に聞いてみると、「通行の邪魔になる」と学校に多くの苦情が寄せられたそうです。また、学校に、「なぜ授業をしているのか」と怒鳴りこんできた人がいたそうです。

 今、学校に行かなくても欠席扱いになっていないようですが、欠席扱いにしないにもかかわらず、授業で新しい単元に入っているのはきびしいなと思いました。

           by カイトウモハン

2020年5月18日 (月)

雨の走行

 昼過ぎから降り始めた雨が3時過ぎには激しくなりました。傘をさして歩くとズボンの裾がベッタリぬれます。そこで替ズボンを持って教室に行きました。さすがに、今日は生徒も自転車でなく、車に乗せてもらって来ます。

 夜、授業が終わる頃になっても、雨は激しく降り続いています。授業が終わって生徒に「早く帰りよ」と言うと、生徒が「算数の質問がある」と言って聞きに来ます。それは自宅のパソコンから出した問題でした。そんな時代になりました。

 帰りは普段とタイヤの音が違います。シャーシャーと音を立てながら、道路上の水たまりを走行します。そうこうしているうちに自宅に到着です。雨はまだ降り続いています。

              by ダジャマン

2020年5月16日 (土)

ストレス

 午後1時半から午後6時10分までの授業は今日で終了です。月曜日から、午後5時から9時40分の授業です。平常授業に戻れるので少しホッとしています。

 うちにくる業者が、「学校が休み中は、子どもに今までにないストレスがたまって、大変だった」と言っていました。

 四万十川では、15日からアユ漁が解禁となりました。アユを初めて釣る人が、泳いでいる魚に聞いてみました。“Are you an ayu?” あー言えばこう言うで、魚が答えます。“I'm not your fish.”

             by ダジャマン

2020年5月15日 (金)

検察官定年延長問題

 この問題は、検事長K氏の定年延長を、時の政府が条文の解釈を変更することによって成し遂げたことに端を発する。

 そもそも法解釈には、文理解釈、拡張解釈、縮小解釈、類推解釈、反対解釈、勿論解釈などがある。これらを駆使して法の解釈をするのは、その必要性があるからであり、もしこれらの解釈をしても適用する条文が見つからなければ、立法する必要がある。

 そして、今、国会で国家公務員の定年を延長する条文の改正と束ねて、検察官の定年を延長する条文改正がなされようとしている。

 これらの改正を急ごうとする考え方と、新型コロナウィルスによる緊急事態宣言が出されている今、検察官の定年延長、特に役職検察官の定年延長を内閣などの意志が左右する改正法案成立を急ぐ必要はないとする考え方が対立しているのである。

 どちらの考え方に立つにしてもこの問題で大切なのは、その立法の根拠である。恣意的でないとするには、改正条文の「社会的要請」は何かをはっきりさせることが必要である。それをはっきりさせ、国民に示すことが国会の役目だと思っている。

              by カイトウモハン

2020年5月14日 (木)

マスク

 A教室に小学から中学まで通い、高1になったN君が、今日、B教室に来ました。A教室は中学生までで、高校生クラスのあるB教室に今日から通うのです。

 N君、私を見るなり、「○○です。」といいます。私はN君に会ったことがあると思っていたのですがそうではなかったようです。お互いマスクで顔がはっきりわからず今日の授業は終わってしまいました。マスクをはずせる日が早く来てほしいものです。

 国からのマスクはもうあきらめました。

 

          by カイトウモハン

2020年5月13日 (水)

幸せ

 T高校、今、午前組と午後組に分けて授業をしています。ある生徒が、「今日は午後の授業やった。明日は午前の授業」と言います。「朝、早かったり遅かったりして、生活がみだれるね」と言うと、「明日からは7時過ぎに起きる」と言っていました。その生徒が、「幾何の先生に、『教科書をプロジェクターで映して授業をするから、ノートはとらんでもいい』と言われた」と言います。「先生にはいろんなタイプがあるから、ノートに書きたかったら書いたらええ」と言っておきました。

 今、塾の授業を昼にやっています。だから、夕食は自宅でいただけます。今日、食事中にラジオをかけたら、エルビス・プレスリーの『好きにならずにいられない』がかかっていました。これを聞いて、隣人は、「加山雄三の声に似ている」と言います。そこで、私が、「食事中にプレスリーの歌を聞けるなんて幸せだなあ」と言うと、「幸せやない」と言われました。

          by カイトウモハン

2020年5月12日 (火)

痛しかゆし

 消去算を板書で問題に応じたやりかたで教えます。その日はわかったように思えても、次の日には6割の生徒ができなくなっています。そこで今度は個別指導をします。このやり方では、問題に応じたやり方の数種類のプリントが必要になります。

 1回の授業でほとんどの生徒にわからせ、できるようにするには、消去算を1つのやり方で教える必要があります。これでやると、1種類のプリントを作るだけでいいのですが、これは問題に応じたやりかたではないので、問題によっては解くのに時間がかかります。何事にも痛しかゆしはあるものです。

        by カイトウモハン

2020年5月11日 (月)

外見上

 高知市の小・中学生、今週と来週、登校は自由なので、今日、学校に行かなかった生徒も多かったようです。ある小学校のクラスは半分くらいの出席だったそうです。怠け心が残らなければいいのですが、もとにもどるには時間がかかるのかもしれません。

 近くの公共施設も今日から再開です。駐車場には車がいっぱいです。外見上は以前にもどったようです。

         by カイトウモハン

2020年5月 9日 (土)

歴史と憲法

 今年から使用される高知市の小6の社会の教科書は、憲法と政治から始まります。歴史は後回しです。日本の歴史を知ったあと、日本国憲法を習うのが本来の形と思うのですが、どうしてこういった順序になっているか不思議です。

 塾では、憲法と歴史を並行して教え、今の日本国憲法がいかに歴史とかかわっているか最後に理解してもらえたらいいと思っています。

         by カイトウモハン

2020年5月 8日 (金)

5月授業再開

 高知市の小・中・高の学校の授業再開はまちまちです。

 市立の小・中学校は、11日から希望者は学校に来て午前中補習を受け、18日から希望者が午前中・午後と補習を受けることになっています。全員での授業再開は25日からです。

 これに対し、附属中学校は24日まで休み、県立高校は17日まで休みということです。

 何はともあれ、もう少しで授業再開となるのは好ましいことです。ただ、授業の遅れをどのようにして取り戻すか興味のあるところです。

           by カイトウモハン

2020年5月 7日 (木)

行政と個人

 行政もおかしな表現をすることがある。新型コロナで、相談センターへの連絡の目安として、「風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く」というものである。この表現では、熱が39度出ても4日以上続かなければ、相談センターへ連絡できないと考える人もでてくる。私などは、熱が37.5度以上出たらすぐ医者に行く。この目安をその通りに受け取っていたら大変である。それが今日の高知新聞の夕刊に、前記の目安の見直し案として「軽い風邪の症状が4日以上続く」となっていた。それなら、今まで(現状)の連絡の目安は、だれを(何を)守ってのものかわからなくなる。

 戦後すぐ、ある裁判官が取り締まりの対象になっている闇米を食べず、配給米だけを食べて栄養失調で亡くなったことがある。守るべきものがこの裁判官と闇米を買っている人とは違ったのである。

 ともかく、個人を守る行政であってほしいものである。

            by カイトウモハン

2020年5月 6日 (水)

進むよどこまでも

 先週の水曜日は「昭和の日」で塾を休みにしましたが、今週の水曜日は塾をやりました。

 中1は方程式の途中までいきました。高知市の公立中はまだ休みが続きますので、塾の中1はさらに進むことになります。

 こんなことでいいのかなと思ってしまいました。

            by カイトウモハン

2020年5月 5日 (火)

自己満足

 テレビで紹介されていた付箋を買ってきました。これを生徒に渡し、質問のあるところに貼ってもらい、私の解答に満足したら、ピリッと切ってもらうことにします。「OK」が増えるほどに満足度が上がっていきます。

2_20200505213701

      by カイトウモハン

土佐の子どもの日の話

 論吉は何軒かの店を回ったがすべて売り切れだった。それでもあきらめきれず探していると、「もちかえり」という旗がたなびいている店を見つけた。

 急いで店の中に入って行ったが、買わずに出てきた。

 さらに遠くの店に足をのばしてみた。そこには、1個だけ柏餅が残っていた。それを買って急いで帰って食べたとさ。

 むかしまっこうさるまっこう。

               by ダジャマン

2020年5月 2日 (土)

生活のリズム

 今回のことで、生徒たちは学校のありがたみがわかったのではないでしょうか。朝起きて行くところがないことのしんどさが。

 高1の生徒が言います。「毎日行くところがないので、何もする気がなくなった」と。

 小学生はまだ元気ですが、中学生は幾分元気がなくなったように思えます。

  むかし、高校受験に失敗した生徒たちを教えていたことがあります。浪人生の生活のリズムがこわれないようにと、朝から塾に来てもらい、昼食をとり、体育をし、3時に授業を終えていました。もっと若ければそういったこともできたのですが。

 早く生徒たちが生活のリズムを取り戻せますように。

           by カイトウモハン 

2020年5月 1日 (金)

いつまで?

 授業中、外の通行人のスマホからチャチャチャチャーン、チャチャチャチャーンという音が聞こえてきます。あとで自分のスマホを見てみると、県から、連休中の不要不急の外出の自粛のお願いでした。スマホに来たのはこれが初めてです。

 高知市では、学校の休みが5月22日まで延長されました。いつまで続くか心配になりました。

           by カイトウモハン

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ