« 八分丈 | トップページ | さが »

2020年6月26日 (金)

遠き道

 長らく塾に来ていた生徒がやめるときは残念ですが、肩の荷が下りて少しホッとすることがあります。ところが、そのやめた生徒が塾に戻ってくるときは、下ろした肩の荷以上を肩に背負うことになります。

 徳川家康の遺訓と言われるものに、「人の一生は重荷を負いて遠き道を行くが如し急ぐべからず」というのがあります。

 塾に戻りたいという生徒の親に「急がず少しゆっくりしてはどうですか」と言っても、受験を控えている生徒の親としては、そうはいかないのでしょう。私が急がずゆっくり指導することにしましょうか。

        by カイトウモハン

« 八分丈 | トップページ | さが »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 八分丈 | トップページ | さが »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ